月額制料金で電話代行を依頼するデメリット

電話代行サービスとは

電話代行サービスはサービスを申し込んだ企業などにかかってきた電話に、電話代行企業のオペレーターが対応し、電話をかけた人の名前や連絡先、用件などを必要に応じて聞き取り、連絡してくれるサービスです。電話代行サービスを利用することで、業務の効率化を図ることができます。勧誘や営業の電話にも対応可能で、商品の受注の代行や顧客からの問い合わせに対する対応などの業務も代行してくれます。
電話代行サービスを依頼することで、外出中や営業時間外の電話を受けられず重要な契約やオファーの機会を損失することが防げます。また電話代行のオペレーターは、訓練された丁寧な言葉遣いで相手の意向を汲み取って正確にメッセージを伝えることができるなど、企業イメージのアップにもつながります。

月額制料金の電話代行サービスのデメリット

電話代行サービスの料金には、大別すると月額制と成果報酬制の2つがあります。月額制は1ヶ月に受ける電話の回数に上限があり、その上限までは一定の金額でサービスが受けられます。それを超えた部分は割増料金となり、1通話ごとに課金されます。成果報酬制は、1回の電話の料金に1ヶ月間に受けた電話の回数をかけて請求されます。
従って1ヶ月にかかってくる電話の本数が少ない場合、月額制料金の電話代行サービスは割り高になります。また1ヶ月にかかってくる電話の本数が安定していない場合は、追加料金の予測がたてにくく、電話代行サービスにかかるコストの算出が難しくなるというデメリットがあります。プランの内容を確認して、自社に合ったものを選びましょう。