受電数に応じた料金形態で電話業務の代行を依頼することのデメリット

受電数に応じた電話代行業務のデメリット

電話代行を他社に依頼する場合には、目的に合った内容のサービスを選んだ方が、業務の効率化もスムーズに実現できます。サービスの内容により料金形態が異なることも多く、必要な範囲で代行をしてもらうことで、コストを削減することも可能です。電話代行サービスを選ぶ時に考慮しなければいけないのは、1日に電話を受ける回数です。受電数に応じて料金が変わるサービスを利用することも可能で、どれだけ受電数が増えても1回ごとの応対費用が変わらないのが特徴です。ただし、この方法で契約することにはデメリットもいくつかあり、特に大きなデメリットとしてあげられるのが、予想以上に多くの受電があった場合に、多額の料金がかかってしまうことです。

料金が非常に高くなることがある

受電数に応じて料金が変わる電話代行サービスは、定額制のサービスと比べて、1件あたりの応対費用が高く設定されていることが多いです。そのために契約内容によっては、同じ受電数であっても定額制の方が大幅に安くなることがあります。顧客の数が増えた場合には受電数が増えることも多いため、コストを削減するためには契約方法の見直しも定期的に必要です。受電数によって最適なサービスを選んだ方がデメリットを回避しやすくなり、毎月の受電数が大きく変化するような場合には、料金が高額でも受電数に応じた電話代行サービスの方が良いでしょう。毎月の受電数がほぼ一定の場合には、受電数に応じた電話代行を利用する必要性はあまりありません。