受電数に応じた料金形態で電話業務の代行を依頼することのメリット

企業を悩ます小さくて大きな問題

企業にとってお客様との対応は悩みの種です。顧客満足度のことを考えれば軽く扱うわけにもいかず、かといって本来の仕事と平行して行うには労力がかかりすぎてしまいます。直接お客様と接する機会なので、横柄な応答をすることもできません。築いてきた信頼も失われてしまいます。では内製化すればいいのでしょうか。支払うべきコストに対してリターンが見えづらく、そのための選任スタッフを雇うほど余裕がない場合もあるでしょう。人を雇うことで会社を大きくしすぎると、小回りが効かなくなり機動的に動きづらくなります。

電話業務をアウトソーシングすればその悩みは解決できます。電話応対のプロがお客様に対応するので、企業イメージを保てます。専門知識を求められるような場合でも、追加費用を支払うだけでよいのです。深い専門知識を持ったオペレーターが対応します。多用なプランの中から選ぶだけで、必要に応じた利益を得ることができるのです。

電話代行を選ぶときのポイント

電話代行業務は大まかに二つの料金形態に分かれています。固定料金制と従量制です。どちらにもメリットとデメリットがあるので注意して見ていきましょう。固定料金制は受電数を制限する代わりに料金を固定します。制限を越えた場合はコールオーバーといって追加料金が発生してしまいます。従量制はコールオーバーが発生しない代わりに、一件一件の料金がやや割高です。

もしあなたの会社の規模が小さくて、毎月の受電数も限られているのなら従量制をおすすめします。従量制の場合一件の料金が大きくても、受電した分だけ支払えばいいのです。固定料金制にした場合は、かかってきた電話の量に関わらず一定の料金を支払わなければならないので無駄が生じてしまいます。

よいサービス会社を選べば費用も抑えられ、社員も本来の業務に集中できます。お客様のイメージもよくなり、悩みが喜びに変わります。